文化茶話『21世紀は江戸に学べ』

文化茶話『21世紀は江戸に学べ』

2009100123493400-SN3K0508-small.jpg

9月29日にアルカスSASEBOで文化茶話『21世紀は江戸に学べ』の講座がありました☆
総合プロデュースが小西宗十氏で、うちのプロデューサー吉田正志が人選の一部を任され、かねてから親交のあった池田武邦氏に打診したところ、企画意図の高さに快諾。今回の実現となったようですo(^-^)o
写真に写ってくださったお二方をご紹介します!(右側から)
池田武邦氏
建築家、1924年高知県生まれ、東京大学卒業、建築会社勤務を経て日本設計を創設、主な作品は霞ヶ関ビル、京王プラザホテル、新宿三井ビル、高知県立美術館、アクロス福岡、ハウステンボスなど多数。
小西宗十氏
エッセイスト、1942年小値賀町生まれ、東京大学卒業、講談社出版研究所で編集に従事した後、1988年佐世保に帰郷。現在はアルカスSASEBOの情報誌である「COMPASS」巻頭エッセイを手がけている。
なかなかこの年齢で講座に参加するチャンスもないもので、今回はとても貴重な経験をさせていただきました。
『文明』と『文化』の違いについての話とハウステンボスの話が印象的でした!
佐世保市にあるハウステンボスは、環境について何十年もかけて大きな計画を立てています。
なるべくコンクリートの隔たりを控え、山や川の生き物たちが食物連鎖を盛んに行える環境作りなど…。
環境のことって正直人事でした。
いまでも何から始めたらいいかわからないです。
疑問は増えていく一方です〜(T_T)
だけど、こうやって全力でやってる方々がいるということ。
それを忘れちゃいけないなと思いました(o^∀^o)
GOOSEEとして、宮崎静香として、これから少しずつでも環境のことを考え、行動できるよう努力したいと思います(^^)!!

2009年10月1日 木曜日 11:25 PM | カテゴリ : しぃちゃん

コメントは受け付けておりません。