吉田、本日より福島に向います。

吉田、本日より福島に向います。

一部の方々にはお伝えしておりましたが、
本日より福島県須賀川市へ向います。
川田金太郎氏が催行される「がまだせ!須賀川ライヴツアー」のスタッフとしての同行で、主に数箇所の高齢者福祉施設での氏のライブを中心として、仮設集会場でのライヴや須賀川市長表敬訪問等も予定されています。
ツアーメンバーは、川田金太郎、坂本慎一朗、森元顕一郎、そして私吉田正志の4名です。
現地地域での交通事情がはっきりしないのと、食料等の物資を持ち込みたいため、マイクロバス級の車両をキャンピングカーに改造した車両を借り、4人交代で運転しつつの往復を予定しております。
また、東京都内を経由すると混雑等の事象が考えられ、また東京方面からの福島入りは困難が予想されるため、米原JCTより北陸道へ迂回し、新潟中央JCTで磐越道に乗り、そのまま郡山方面へ走ります。
今回協力企業として、株式会社山一、JF九十九島、株式会社にくせん、めがねの尚時堂、EVI福岡、CHU’S FACTORY、株式会社栄広エージェンシー、ベスト電器諫早本店、村里自動車整備工場、MANぷくMAN観櫻火宴実行委員会、林田板金加工所、正地稲荷神社、ハイパーセンター☆オサダ時津店、フォーク酒場、川田金太郎後援会、長崎県緊急支援室等の協力をいただくことができ、これらの企業の協力により、素麺(しょうが、紫いも他620キログラム)、いりこ、いりこパウダー、食肉加工品、老眼鏡セット、タオル、CD、手動発電式LED懐中電灯、CDラジカセ等の物資を被災地に届けます。
今回、訪問地を須賀川市域の高齢者福祉施設数箇所に設定した理由としては、須賀川市の一部である岩瀬郡白方村が川田金太郎氏のお父様の出身地であり、また祖父様は大正時代にその地域の消防署長を務めていたそうです。その縁もあり、ぜひとも須賀川市内にある高齢者施設並びに仮設住宅集会場で主に高齢者を対象にした慰問ライヴツアーを行いたいとの氏の強い希望があり、私はそれに賛同し、スタッフとして随行することになったわけです。
現地では電気を使わない電池式アンプとアコースティックギターでのライブを行い、皆さんと歌い、たとえ少しの時間でも和んで頂ければという思いで望もうと考えております。
帰還は6月28日(火曜日)の予定です。
また報告いたします。

2011年6月23日 木曜日 11:16 AM | カテゴリ : プロデューサーのつぶやき

One Response to “吉田、本日より福島に向います。”

  1. イニシャルE Says:

    皆さんいってらっしゃいませ
    道中のご無事を祈っております…